ホクヨープライウッドのこだわり

私たちは、こだわりをもって合板を造っています。

近年、地球温暖化や森林伐採などによるCO2の増加という環境問題が大きく取り上げられています。
そんな中、我が国の森林では、戦後植林された資源が充実期を迎え、利用可能な段階を迎えています。
この森林資源を使い、森林と木材の循環をうまく回さなくてはいけません。
森林を健全に保ち、木材を利用する。その木材は炭素を固定し、地球のCO2の削減につながります。
これらを循環させるには、木材生産者から大工・工務店などの人材も必要になります。
私共は木材・合板の効率的な有効利用を通じて、お客様・地域社会・地球環境に貢献することを目標に日々取り組むーこれが私たちのプライドです。

循環型社会

循環型社会

森林は成長過程で盛んに炭素を吸収し、時期が来れば間伐・伐採され、新たな木が植林され森林再生が始まります。
このように適切な森林管理を続ける限り、木材を継続的に生産していくことができます。その生産された木材を住宅などに用い、解体時にリユース・リサイクルまたはバイオマスエネルギーに利用すれば、全体的に二酸化炭素の増加を抑制することができます。
木材は再生可能な資源です。このように森林と木材の循環がうまく回るということは、炭素の固定につながり、よって二酸化炭素の排出を抑えることができます。
私たちは 国産材を積極的に採用し適切に利用することで、この循環型社会の形成につとめます。

循環型社会イメージ

ホクヨープライウッドのこだわり 関連コンテンツ

pagetop